NEWS

モダン・アートの殿堂「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」にsfidaのFootball ZOOが、子供用のサッカーボールとしては世界で初めて採用されました。

フットボール事業を手掛ける株式会社イミオ(本社:東京都文京区目白台、資本金:1 億 6 千万円、代表取締役:倉林啓士郎)が販売するフットボールブランド「sfida」の子供向け人気シリーズ Football Zoo(フットボールズー)が、モダン・アートの殿堂であるニュー ヨーク近代美術館(MoMA)に子供用のサッカーボールとしては世界で初めて採用され、 2017 年 6 月 15 日(現地時間)より MoMA STORE NY で販売されることとなりました。また、MoMA STORE NY の他、日本では旗艦店の MoMA Design Store 表参道をはじめ、ロフト店舗内 MoMA Design Store ショップインショップ、MoMA の EC サイトなどでも展開されます。

MoMA STORE NY Web サイト http://mo.ma/2syAysf MoMA STORE NY Football Zoo 掲載ページ  http://mo.ma/2ttbuPD

Football Zooは 2007 年に発売されフットボールを楽しむお子様のファーストボールとして愛され続けている人気商品です。 ボールはトラ、犬等の顔がプリントされ 1 球 1 球パキスタンの工場の職人によって競技 用サッカーボール同様の製法である手縫いで作られています。また、にこっと笑ったキュートな表情はもちろん、おしりにはしっぽやイラストがデザインされた遊び心あふれるデ ザインボールです。 sfida は「フェアトレード(※1)」を推進しており、パキスタンのボール生産工場では、ボールを作る職人たちに適正な賃金と、良い労働環境を提供し、定期的に国際機関の調査を受け入れ、児童労働のないフェアなフットボールビジネスに取り組んでいます。親の収入が増えれば、子どもを働かせる代わりに学校に通わせることができるようになります。大人に継続的に安定した賃金を支払っていくことが、児童労働を防ぐ最も有効な方法です。sfida のボール生産工場と取り引きをしている職人たちの子どもは、全員学校に通っています。 ※1:フェアトレード:発展途上国で作られた製品を適正な価格で継続的に取引することで、発展途上国の生産者が持続的に生活を向上できるようにすること。貧困のない、公正 で平等な社会をつくるための考え方。  

概要は下記のとおりです。

1.ニューヨーク近代美術館(MoMA)販売について ■ 販売開始日:2017 年 6 月 15 日より(現地時間) ■ 販売商品/種類: Football Zoo(フットボールズー)シリーズ初回 2 種類(ペンギン・トラ) ■ 販売価格:28 ドル(現地価格) <MoMA について> ニューヨーク近代美術館(The Museum of Modern Art)は 1929 年開館。モダン・アートの殿堂として英文館名の頭文字をとった「MoMA」の愛称で世界中の人から親しまれています。セザンヌ、ゴッホ、ゴーギャン、スーラなどの印象派から現代アート、建築デザ インや写真も展示され近代・現代美術を様々な角度から楽しめる美術館です。20 世紀の芸術史を垣間見ることができる作品を数多く所有しています。 MoMA Design Store の全てのプロダクトは、MoMA のキュレーターにより選定され、その中には実際に美術館のコレクションとして収蔵されているもの(MoMA コレクション)、 MoMA でしか手に入らないもの(MoMA 限定品)、MoMA のためにデザインされたもの (MoMA ロゴ)などが多数含まれています。 2.Football Zoo(フットボールズー)について ■発売開始:2007 年 ■価格:2,300 円(税別) / サイズ:ミニボール 1 号球(直径約 15cm) / 素材:PU 人工皮革 ※ボール 1 球につき専用 BOX1 つ付属 ■ラインナップ:動物 11 種類(ライオン、トラ、パンダ、ウサギ、ワニ、ペンギン、サル、 ゾウ、クマ、ヒツジ、ネコ)