sfidaが考えるお子様への安全と健康

お子様向けのミニサッカーボールや、ふわふわクッションボールは
ボールに使用される素材によって、健康への安全性が大きく異なる事をご存知でしょうか?


sfidaはお子様の健康のために、安心して遊んでいただけるよう、
厚生労働省告示の食品衛生法に合格した、口に入れても安全なインクや素材しか利用しておりません。


ポリ塩化ビニルとは?

子供用に販売されているミニボールの多くはポリ塩化ビニルを主原料として製造されています。

ポリ塩化ビニルは、略して「塩ビ」「塩化ビニル」と呼ばれます。

塩化ビニルの特性として、水、薬品に強く、難燃性で、電気の絶縁性に優れます。

工業製品として使いやすく、また原価も安い為、雨どいといった建具から、お子様向けのビニール製のプールや、おもちゃのソフト人形のようなものまで日常生活にあふれています。



塩化ビニルの赤ちゃんやお子様への影響



塩化ビニルは、アレルギーやがんリスクを高めるような健康被害引き起こす「フタル酸エステル」等の添加剤を大量に含んでおり、ヨーロッパ連合(EU)ではフタル酸エステル4種類を2019年から禁止物質とするなど世界中で規制が始まっています。

日本では、対象年齢が三歳以下の子供が口にする可能性があるおもちゃの素材には、危険なフタル酸エステルを含むポリ塩化ビニルの使用が制限されています。

しかし、対象が3歳以上のおもちゃには、この規制がありません。

廉価で販売されているミニボールの中には、「対象年齢4歳以上」と記載する事でこの規制の対象外とし、フタル酸エステルを含むポリ塩化ビニルが利用されている商品が多く散見されます。


sfidaのボールの安全基準

sfidaはお子様の健康とのために、安心して遊んでいただけるよう、
厚生労働省告示の食品衛生法に合格した口に入れても安全な素材や染料を利用して製造されています。

着色料の溶出試験、危険な可塑剤の含有量試験を実施し、合格した素材や染料のみを利用し、手縫いで安全に製造されています。

お子様の健康のためにも、お子様へ与えるボールは安全基準を通過したボールをお選びください。

 

PICK UP
BALL
WEAR
KIDS/JUNIOR
GOODS
CUSTOM UNIFORM