SFIDA TURF フットサル用人工芝 公式サイト

TECHNOLOGY sfida HYPER TURFを支えるテクノロジー

パイル(人工芝)、インフィル(充填材)、バッキング(基布)、全てにおいて環境への配慮、人体への安全性、メンテナンスの軽減を考え製造を行っています。
そうした最先端の技術によって、ハイパフォーマンスを求めるアスリートからエンジョイ目的の子供まで、
用途に合わせてお客様に沿ったご提案をすることができます。

人工芝 Pile

人工芝

ハイパーターフのパイルには、高耐久ポリエチレン素材を採用。
天然芝の感触に近いやわらかさと、しなやかさは、長時間の使用においても、その弾力性と自律性を維持し、プレーヤーのパフォーマンスを安定的にサポートします。
また、UVA/UVB試験においても、ISO(国際標準化機構)グレースケールLevel4〜5を維持するなど、色あせがほとんどない高い耐候性能を実現しています。

充填材 Infill

世界シェアNO.1

粒度調整特殊珪砂とゴムチップは、安全かつ環境にやさしい素材を使用。
環境に配慮するとともに、プレーヤーの足首や膝への負担を軽減することで、怪我を未然に防止します。
また、温暖化対策として、夏場の温度上昇を抑える、カラーゴムチップもご用意しています。

基布 Backing

FIFA推薦メーカー人工ターフ採用

バッキングには、PP製平織布、ポリエステル製綿付、ラテックスもしくは、ポリウレタンの三層構造を採用。
(YEIIは2層構造)30Nという高いパイル引き抜き強度を実現するとともに、熱による膨張や、乾燥による収縮を防ぎ、長く安定したコート環境を提供します。
ポリウレタンはポリエステルに比べ、光沢度や平坦性があり、引抜強度の向上、耐摩耗性にも優れています。
また、バッキング内に設けられた等間隔のドレンホールにより、優れた排水性を発揮。メンテナンスの負担を軽減します。