琉球再興

FC琉球オーセンティックユニフォーム2020

デザインについて

FC琉球クリエイティブディレクターの吉田ロベルト氏監修によるデザイン。
沖縄を代表する伝統的な「琉球紅型」とカモフラージュ・ダズル迷彩をチャンプルー(ミックス)し、オリジナリティ溢れる迷彩柄を誕生させました。
多種多様な文化が融合してきた沖縄をイメージし、様々な角度から与える柄が特徴。えり裏には「PRIDE OF RYUKYU」の文字が入り、「琉球魂」の精神が受け継がれたデザインです。

ユニフォームデザイン
お届けスケジュールについて

番号無し / No.7 小野伸二 / No.12 FC RYUKYU】の3種類のユニフォーム ※全てHOME仕様

2月16日(日)24:00までのご注文は、在庫分に限り2020シーズンJ2リーグ開幕戦の前々日(2月21日)までにお届け致します。
お支払方法でクレジットカード決済・銀行振込・コンビニ決済をご選択の場合、2月16日(日)24:00までにお支払いの確認ができたご注文に限り出荷致します。
※2月17日(月)以前に在庫が切れた場合、受注生産となり納期は6〜7週間程となります。
※2月17日(月)以降のご注文分については在庫がある限り、お支払い完了後に順次発送となります。開幕戦には間に合いません。
※お届け時期はお住いの地域・交通事情等により、予定日より遅れる場合がございます。
※受付終了日は変更になる可能性があります。予めご了承ください。
【上記3種類以外のユニフォーム】

受注生産商品となります。生産完了次第(お届けまで6〜7週間程)順次発送いたします。予めご了承ください。

FC琉球クリエイティブディレクター 吉田ロベルト YOSHIDA ROBERTO

沖縄県恩納村出身で、2014年にデザインチームのイーナストゥディオス(INA STU-DIOS)を設立。オリジナルブランド「オキナワメイド(OKINAWA MADE)」や「ヨシダロベルト(YOSHIDAROBERTO)」などを展開し、「ホンダ(HONDA)」と協業するなど、ファッション業界にとどまらず活動を広げている。また2017年よりFC琉球のクリエイティブディレクターも務める。

スローガン琉球REVIVEについて

首里城の復興の輪を沖縄県民、さらに日本中、世界中に広めていくために、2020シーズンのユニフォームには正面に沖縄のシンボル「首里城」のイラスト(デザイン:城間英樹)を胸に刻み込み、J2の舞台を首里城とともに戦い抜くことで、沖縄や首里城再建の後押しに繋げていきます。
そして、今シーズンユニフォーム売上金の一部(10%)を首里城の再建支援金として寄付いたします。

琉球FC集合
PICK UP
BALL
WEAR
KIDS/JUNIOR
ACCESSORY